カーボンオフセット
コンシャス・コンシューマ−と企業の想いをつなぐソーシャルカンパニー
gConscious


ジーコンシャス株式会社>カーボンオフセット

カーボンオフセット

カーボンオフセットとは?

個人や企業、イベントなどから排出されるCO2をオフセット(相殺)し、地球環境的には中立(ニュートラル)状態に戻すという考え方です。

 

今、我々日本人は平均して、約10トンの二酸化炭素を排出している計算になります。 自家用車、出張で使う飛行機、電力消費などが主なCO2排出のソースですが、これは世界平均の約二倍の量です。

 

また、我々が消費する製品も、原料から製造、流通に至るまでエネルギーを消費していますので、CO2排出量に換算するとかなりの量を間接的に排出していることにもなります。

 

 

 

 

節電やエコ・ドライブなど、ひとりひとりの省エネ努力ももちろん大事ですが、これからはそれに加えて、自主的に二酸化炭素排出分を意識して、それを「相殺」するプログラムを通じて、二酸化炭素排出量を抑制することが個人にも求められています。

 

オフセットする方法には、植林や排出権、グリーンエネルギーなどの使用があります。

 

今後、製造過程や流通過程で排出するCO2をオフセットした製品、機材の運搬や電力使用や、観客の交通手段を計算し、オフセットしたコンサートやイベントなど、様々なカーボンオフセットへの取り組みが実施されています。

 

今後、グリーン意識の高いカップルによる、結婚式をカーボンオフセットするグリーンウェディングなども盛んになっていくことでしょう。

 

特に、ロハス層やグリーンコンシューマーのライフスタイルの一貫として、カーボンニュートラルな暮らしが常識となる日がすぐそこまで来ているのです。

 

カーボンオフセットプログラム

個人や企業が排出するCO2を相殺するカーボンオフセットするプログラムを提供します。

 

●車種、燃費、走行距離などから計算する車の年間排出量

●航空便のフライト距離、使用旅客機、定員などから算出した個人あたりの排出量

●電気代やガス代の請求書から算出した家庭でのCO2排出量

●参加者の人数や交通手段から算出した結婚式やパーティーの排出量

 

などの診断ツールも充実しています。
それぞれのデータは信頼できるソースからの提供を受けております。

 

また、カーボンオフセット商品企画など、ロハス層やコンシャスコンシューマ−にアピールする「伝わる、響く」カーボンオフセットをご提案します。

 


     ロハス・ビジネス・アライアンス